松阪の家庭教師です。今回は、高校の化学では絶対に覚えていないといけない、「周期表(元素記号表)の覚え方」について、私なりの意見をまとめました。

まず、周期表の説明に入る前に、下の動画の音楽でも聞きながら、この記事を読んでいってください。そうすれば、何かしらの元素記号1個は覚えることができると思います。



スポンサーリンク

なお、中学生の方や、周期表より化学式を覚えたい方は、化学式の一覧や覚え方!中学生が覚えておきたい化学式!を先に見ていただいたほうが良いと思います。

それでは、「周期表」の説明です!皆さんは、下のような表を見たことがありますか?よく理科の教科書や化学の教科書の先頭のページに、一覧として書いてあるので、「見たことがある!」という人もいると思います。この表には、色々な元素記号が書かれています。

下のような色々な元素記号が書かれている表を、「元素記号表」や「原子記号表」と呼んでいる人もいるかもしれませんが、一般的には、元素の「周期表」と呼ばれることが多いので、以下では「周期表」とさせていただきます。

元素記号表

周期表は、物質を構成する基本単位である元素を、物理的または化学的性質が似たもの同士が規則的に並ぶように作られた表です。この決められた規則を「周期律」といいます。

この周期表は左上のH(水素)から原子番号の順に並ぶように作成されていて、ある程度の元素やその配列を、高校生になると、この周期表は、絶対に暗記しないといけません。

なお、原子番号は、周期表の元素の上に書いてある数字のことです。例えば、原子番号8の元素なら、「O(酸素)」のことです。元素記号であるOの上に⑧と書いてありますね。

「周期表には、こんなにたくさんの元素記号が書いてあるけど、じゃあどこまで覚えるべきなの?」と思う人もいると思います。まず、周期表の元素記号を全く覚えていない人なら、最低でも原子番号20までのCa(カルシウム)までは、覚えたいところです。

なお、センター試験や理系大学を受験されるなら、原子番号36のKr(クリプトン)まで覚えておいた方が個人的には良いと思います。なぜなら、遷移元素と典型元素の区別や、金属元素と非金属元素の区別を問われる問題などが出題されるからです。

また、上の周期表にはありませんが、2族のBa(バリウム)、17族のI(ヨウ素)、Pt(白金)、Au(金)、Ag(銀)、Hg(水銀)、Sn(スズ)、Pb(鉛)もよく出題されますので、これらの元素記号も覚えておきたいところです。

ちなみに、元素記号は現在100種類以上が発見されていて、最近話題となっているのが、原子番号113番目の元素記号です。

この元素記号は、2016年6月の今現在、まだ名前が決まっておらず、九州大学の森田浩介さんを中心とする研究グループが、元素記号を「Nh」として、その名前を「nihonium(ニホニウム)」として提案しました。

近い将来、113番目の元素記号が「Nh」、その名前を「nihonium(ニホニウム)」として、正式に決まるかもしれませんので、今後のニュースに注目ですね。

スポンサーリンク

それでは、前置きが長くなりましたが、本題である「周期表の覚え方」にうつります。よく周期表の覚え方として、「水兵リーベ、僕のお船 七曲があるシップスクラークか。」という語呂合わせの歌があります。皆さんも、このフレーズを一度は聞いたことがありませんか?

ひらがなにしてみると、「すいへいりーべ、ぼくのおふね、ななまがあるしっぷすくらーくか」です。「この暗号みたいな歌を覚えて、何の役に立つの?」と思う人もいるかもしれません。

しかし、この歌を覚えれば、周期表の原子番号1のH(水素)から原子番号20のCa(カルシウム)までの元素記号が暗記できます。この歌の語呂合わせと周期表の元素記号を合わせた画像が下にありますので、確認してください。

周期表の覚え方

このように、周期表の覚え方は、語呂合わせで暗記したほうが覚えやすいと思います。ヤフーやgoogleで、「元素記号表 覚え方」や「周期表 覚え方」などと検索すると、他にも、周期表や元素記号の覚えやすい語呂合わせや歌、画像、動画、中には、下ネタを使ったエロい覚え方まで、本当に色々な方法で紹介されています。

その中でも、特に有名なのが、先ほど紹介した「水兵リーベ、僕のお舟~」です。なので、学校の理科や化学の時間に、先生が教えてくれる場合もあると思います。

ただ、調べれば調べるほど、色々な覚え方が紹介されていますので、「どれが覚えやすいの?」と迷う人もいるかもしれません。でも、個人的には、自分に合った覚えやすい語呂合わせを暗記していけばよいと思います。

そういう意味で、自分で語呂合わせを考えてみるのが、一番覚えやすい暗記法かもしれません。実は私も、原子番号11のNa(ナトリウム)から原子番号36のKr(クリプトン)までは、自分で作った語呂合わせで暗記しています。

例えば、私の場合、原子番号11のNa(ナトリウム)から原子番号18のAr(アルゴン)までは、「なまあるけいりんいおえんある」という風に覚えています。

皆さんには、「なんのこっちゃ?」って感じかもしれませんが、自分で作った語呂合わせなので、「忘れにくい!」という良い点があります。私も自分で作った語呂合わせなので、今でも鮮明に記憶されています。

皆さんも、一度自分で語呂合わせを考えてみることをオススメしますよ!語呂合わせを作る際には、インパクトがあればあるほど、記憶に残りやすいので、少し大げさに作ってみるのが良いかもしれません。

スポンサーリンク


■語呂合わせなどで覚えることができる元素記号
周期表を覚える前に、元素記号がある程度書けないと話になりません。ここでは、語呂合わせなどで覚えることができる元素記号を紹介します。

水素(元素記号:H)の覚え方 ⇒ 吹奏楽部のHさん 「すいそうがくぶのえいちさん」
化学式、一覧
周期表の一番左上に来て、原子番号1番の元素記号です。語呂合わせを使わなくても、覚えている人も多いと思いますが、自分のクラスに、吹奏楽部で、イニシャルがHの人がいると覚えやすいですね。


炭素(元素記号:C)の覚え方 ⇒ 鉛筆の芯()は、炭素 「えんぴつのんは、たんそ
化学式の一覧
※鉛筆の芯やシャーペンの芯は、炭素が原料となっています。この知識は、高校の化学でよく出題されますので、覚えておくとよいと思います。それにしても、この道具、ほしいな・・・


窒素(元素記号:N)の覚え方 ⇒ 窒息すると、死ぬ() 「ちっそくすると、し
化学式一覧


酸素(元素記号:O)の覚え方 ⇒ お()っさん 「さん
化学式の一覧


ケイ素(元素記号:Si)の覚え方 ⇒ 失(Si 「けい
周期表、元素記号
「死刑」の方が、言葉は悪いですが、インパクトがあるので、覚えやすいかも・・・


リン(元素記号:P)の覚え方 ⇒ プ(リン 「りん
化学式一覧


硫黄(元素記号:S覚え方 ⇒ 言おう 「えすおーえすいおう
化学式、一覧
※SOSとは、「助けて」という意味です。


塩素(元素記号:Cl
覚え方 ⇒ 塩素を吸うと苦(Cl)しい 「えんそをすうとくるしい」
化学式の一覧
※塩素は、画像のように黄緑色の気体です。有毒な気体のため、吸い込むと危険です。トイレ用の洗剤などで、「混ぜる危険!」という注意書きがありますが、混ぜたりすると、この塩素が発生することが多いので、危険なんです。

高校の化学では、塩素の作り方や特徴に関する問題がよく出題されます。


鉄(元素記号:Fe)の覚え方 ⇒ 笛(Fe) 「てつぶえ
化学式一覧


銅(元素記号:Cu)の覚え方 ⇒ 工(Cu 「どう
化学式の一覧


銀(元素記号:Ag)の覚え方 ⇒ アジ(Ag)は色 「あじぎんいろ」
化学式の一覧


金(元素記号:Au)の覚え方 ⇒ は英雄(Au) 「きんえいゆう
化学式、一覧


亜鉛(元素記号:Zn)の覚え方 ⇒ 全然(Zn会えん 「ぜんぜんあえん
化学式一覧


英語やローマ字で覚えることができる元素記号の一覧
化学式の一覧

元素記号は、その物質の名前から、英語やローマ字読みで、覚えることができるものがたくさんあります。

へリウム(元素記号:Heの覚え方 ⇒ へ(He)リウム 「りうむ」

リチウム(元素記号:Liの覚え方 ⇒ リ(Li)チウム 「ちうむ」

べリリウム(元素記号:Beの覚え方 ⇒ べ(Be)リリウム 「りりうむ」

フッ素(元素記号:の覚え方 ⇒ フ()ッ素 「っそ」

ネオン(元素記号:Neの覚え方 ⇒ ネ(Ne)オン 「オン」

ナトリウム(元素記号:Naの覚え方 ⇒ ナ(Na)トリウム 「とりうむ」

マグネウム(元素記号:Mgの覚え方 ⇒ マグ(Mg)ネシウム 「まぐねしうむ」

アルミニウム(元素記号:Alの覚え方 ⇒ アル(Al)ミニウム 「あるみにうむ」

アルゴン(元素記号:Arの覚え方 ⇒ アル(Ar)ゴン 「あるごん」

カリウム(元素記号:の覚え方 ⇒ カ()リウム 「りうむ」

カルシウム(元素記号:Caの覚え方 ⇒ カ(Ca)ルシウム 「るしうむ」

バリウム(元素記号:Baの覚え方 ⇒ バ(Ba)リウム 「りうむ」